from Vintage

ようやくアメリカから到着しました。
「エコなリサイクル」が大きなテーマ。

必要以上な量の物を作って余らせるという大量生産大量消費され、
温暖化で季節がずれてるのに昔ながらのタイミングで展示会が開かれ必要ないほど早く納品され、
まだまだ売れるのにもうセールにかけられるというシステム。
そういったシステムに乗りたくないなーと思い、季節に関係なく出来た時に納品されるという
自由なやり方をとりいれてみました。
前々回にアメリカに行った時にふと話に出てきたカシミヤ。
カシミヤとは、言っても全て素材はヴィンテージのカシミア。
昔のカシミヤは今のカシミヤと違って肉厚で頬ずりしたくなるほど上質な物が多いんですよね。
やはり上質な物は虫さんも美味しいのでしょうか、食われちゃって穴があいちゃってる物も多いんです。
でもそれを1枚づつ違う色や形をその場で考えて穴やシミなど短所を何とかして長所に変えて、
そのままでは着にくかった物を可愛く、他に無い様に変える事。

そして物を作る人も売る人もちゃんと睡眠時間もとって楽しい気持ちで仕事しないと楽しいものは作れません。
大量には作れない。
いや、楽しくないなら創れない。

シルエットパターンは60年代のヴィンテージスウェット。
定番でいてゆるぎないクラシカルなシルエット。
昔は汗をかくほどのトレーニングや運動がしやすいウェアだったスウェットではありますが、
アスリートでもない私は、そこまで汗をかくことがない習慣なのでカシミヤ100%で再構築。
ヴィンテージスウェットには見る事のない大胆なパターン配色で蘇りました。

カシミヤにデニムにビーサンは、お茶とご飯とお漬物=お茶漬け、並みの鉄板メニュースタイリング。
女性ならシンプルなタイトスカートや、キレイ目トラウザーに合わせてウキウキに浮かせてのスタイリングも刺激的。
とは言ってもあくまでも自由なスタイルで着まわしてほしいアイテムには違いない。

色々な箇所がランダムにひとつの形に構築され、同じ物は存在しない全て1点物。
個人的には裏面で着る予定。というより自分から見たらこっちが表。
大胆なライブ感もスタイリングにおいて必要なエッセンス。
トレンドという枠をこえた大海原の旅に出てみようと思います。
 

営業案内

ブログアップが遅くなってしまいました。
誠に勝手ながら明日は出張の為、臨時休業とさせていただきます。
名古屋できれーなチャンネーとちちくりあう事を楽しみにしていましたが、
どーしても大事な展示会で、丸一日拘束の日帰りに変更になりそうです。
20日は通常営業致しております。
皆様のご来店をお待ち致しております。
 

極東の熱狂者

今日は急に冷え込んだ一日ですが、
熱い熱いブランドのご紹介です。
「FAR EASTERN ENTHUSIAST / ファーイースタンエンスージアスト」
"極東の熱狂者"
このストレートなブランドネーム。
現役の ”古着屋” が1つのブランドをデザインする。
それは、時間、労働力、そして、それに対するモチベーションをキープする気力・・・全てにおいて困難極まりないプラン。
長年に渡りVINTAGE を中心とした "古着屋" を営んできたが "物を売る" いう立場での自己、"物を買う" という立場の
自己を重ね合わせる事を、知らず知らず・・(否、潜在意識の中で感じていたのであろう) 封印してしまっている事に
気づかされた。
小細工は要らない。
デザイナー、ユーザー、としての自己の欲求を物造りにぶつければいい。
人間の寿命など永くは無いのだから。
”Far Eastern Enthusiast" 「極東の熱狂者」。
それは、単なる ”服バカ”。
それ以外の何者でも無い。
”日本” の古着屋は、世界一の ”Enthusiast ” なのだから。

Royal Navy Watch
1950年代ミリタリーロイヤルネイビーにおいて25本以下の生産本数で実現した、
幻とされる時計をF.E.Eが見事に細部まで再現。
オリジナルなら○千万円という幻の3,6,9のミニッツサークルEXダイヤル仕様の英国軍用のSBをインデックスの
焼けまでも忠実に再現。

SIVLER

BLACK
ケースはラウンド形状、針はメルセデス、また防水機能も備えており、10気圧防水(100m防水)、勿論1年メーカー保証付。
手に馴染みやすい大きすぎず小さすぎずの絶妙なサイズ感。程良い重量感もアンティークそのもの。
トレンド性よりもアンティーク時計好きな方にオススメな1本です。
F.E.Eの拘りが詰まった「Royal Navy Watch」。
是非ご覧くださいませ。
 

色々

また、明日から雪が降るみたいですね。
すでに筋肉痛なので雪かきは勘弁です。
それにしても清原さんの逮捕にはショックでしたね。
なので西武ライオンズ時代の神がかったライトスタンドへのホームランを思い出し
久しぶりにバッティングセンターへ行って筋肉痛というわけです。
そんな筋肉痛の情報はいらないと思うので
今日のご紹介です。

RCG GRAFFITI PRINT COAT
collar:RED

「シャツの様でいてジャケットではない。」
春アウターは結局着ないといったジンクスを払拭すべく
より気楽に着用できる程よくポップなNEW WEAR「コートシャツ」。

程よくルーズに無理無く着用でき脇見よりプリントされたワンポイントが気持ちいい。
ドロップショルダー&ドルマンスリーブにより襟から肩にかけてフィットさせ
スポーティなテイストを組み込んだ一品。
ブラックとネイビーもあったけれどレッドがくそカッコよかったのでレッドのみ。

NYC PARIS HAT
collar:CAMO, BLACK, DANTON BUE, INDIGO, CITY GREY
こちら色とりどりなワークハット。
春なので程よくポップにスタイリング取り入れてみたいですね。

LARKIN
こちらフレーム・テンプル共に薄く、シルエットに拘ったシンプルなラウンドモデル。
フレームとレンズの絶妙なカラー配色が上品な印象を与えるスタイリッシュでスマートなモデルです。
春に色物を多く取り入れる場合、これくらいスマートでシンプルもよいです。

INDIGO Cable shawl cardigan
collar:HARD INDIGO
毎度好評いただいていいるケーブルショールカーディガンインディゴ染め。
今回はハードウォッシュタイプの入荷です。
毎度のことコットンニットなのでガシガシ洗えてデニムのごとく色落ちと経年変化を楽しんで
いただける一品。
すこぶる鮮やかで綺麗な今回のブルーはたまりません。
春は色を取り入れて色々とスタイリングを遊びたいです。