極東の熱狂者

今日は急に冷え込んだ一日ですが、
熱い熱いブランドのご紹介です。
「FAR EASTERN ENTHUSIAST / ファーイースタンエンスージアスト」
"極東の熱狂者"
このストレートなブランドネーム。
現役の ”古着屋” が1つのブランドをデザインする。
それは、時間、労働力、そして、それに対するモチベーションをキープする気力・・・全てにおいて困難極まりないプラン。
長年に渡りVINTAGE を中心とした "古着屋" を営んできたが "物を売る" いう立場での自己、"物を買う" という立場の
自己を重ね合わせる事を、知らず知らず・・(否、潜在意識の中で感じていたのであろう) 封印してしまっている事に
気づかされた。
小細工は要らない。
デザイナー、ユーザー、としての自己の欲求を物造りにぶつければいい。
人間の寿命など永くは無いのだから。
”Far Eastern Enthusiast" 「極東の熱狂者」。
それは、単なる ”服バカ”。
それ以外の何者でも無い。
”日本” の古着屋は、世界一の ”Enthusiast ” なのだから。

Royal Navy Watch
1950年代ミリタリーロイヤルネイビーにおいて25本以下の生産本数で実現した、
幻とされる時計をF.E.Eが見事に細部まで再現。
オリジナルなら○千万円という幻の3,6,9のミニッツサークルEXダイヤル仕様の英国軍用のSBをインデックスの
焼けまでも忠実に再現。

SIVLER

BLACK
ケースはラウンド形状、針はメルセデス、また防水機能も備えており、10気圧防水(100m防水)、勿論1年メーカー保証付。
手に馴染みやすい大きすぎず小さすぎずの絶妙なサイズ感。程良い重量感もアンティークそのもの。
トレンド性よりもアンティーク時計好きな方にオススメな1本です。
F.E.Eの拘りが詰まった「Royal Navy Watch」。
是非ご覧くださいませ。